必要な諸経費と税金 - 不動産を売却する場合、仲介手数料・売買契約書作成時の印紙代など、必ず必要となる費用があります。あらかじめ必要となりそうな費用を計算しておきましょう。

不動産売却時必要な場合がある登記の種類

不動産を売却する際には登記の保存や変更、抵当権の抹消が必要となります。
その登記費用と司法書士などに支払う手数料をを売主が負担します。

抵当権抹消登記
登記簿に抵当権の設定がある場合には、売買の際に全て抹消登記をする必要があります。
※借入先金融機関へ事前連絡が必要
所有権移転登記(相続、売却時)
相続により取得した不動産を相続したことを登記していない場合、不動産を売却する際に必要になります。
表題変更登記(増築など)
増築した後に登記していない場合には、増築分を含めて建物を登記しなおす必要があります。
建物滅失登記
建物を取壊して土地として売却する場合、建物部分の登記を抹消する必要があり、建物滅失登記を行う必要があります。

センチュリー21だから万一も安心、法律・税務相談サービス

センチュリー21だから、売却後のアフターフォローも万全です。

お住まいをご売却して譲渡益が出た場合にかかる所得税や住民税や、特別控除の利用や軽減率の特例、居住用買替えの特例の選択などにつきましては、センチュリー21 アイ建設までお気軽にご相談ください。

査定・お問合わせはお気軽に!お電話でもメールでも承ります。査定やご相談はもちろん無料!!
  • 訪問査定の申込み
  • 簡易査定の申込み
横浜不動産売却21 任意売却
お電話からのお問合わせ

お見積もりは全て無料です!!

メールでのお問合わせ

お電話からのお問合わせ

センチュリー21 アイ建設

〒244-0805
神奈川県 横浜市 戸塚区 川上町87-4
N&Fビル1・1F

東戸塚駅 西口より徒歩3分

センチュリー21 アイ建設 横浜本店 地図

地図を拡大